藤栄製茶のご案内 茶のアレコレ おすすめ商品 お支払い・送料 オンラインショップ 特定商取引法に基づく表記
トップページ > 茶のアレコレ

茶のアレコレ


第12回

緑茶が認知症予防に効果がある事は以前から確認されていました。
緑茶に含まれるエピガロカテキンガレートが、アルツハイマー認知症の原因物質であるアミロイドβタンパク質の生成や凝集を阻害する事が解ったからです。
しかし、その効果の長期間追跡データは有りませんでした。

令和2年を迎えて静岡県が初めて65歳から84歳迄、1万人を越える高齢者を5年追跡調査したデータを発表しました。
その結果は驚くべきものでした。

1日1〜3杯の緑茶を飲む人は、全く飲まない人より、死亡や要介護認定を受ける割合が31%も低く、7杯以上飲む人に至っては47%も低かったのです。(1/15 静岡新聞)

現在日本は長寿国ですが、寝たきりや認知症患者などの要介護者も多く、残念ながら健康長寿国とは言えません。

これから健康に年齢を重ねて行くために、1日3回の緑茶タイムを習慣にしましょう!


茶のアレコレ 第11回